保証

UHの「見える安心への取り組み」

大切なマイホームをしっかり守り、充実のサポート体制でしっかり見守る。お客様が安心して暮らすためのアーバンハウスの約束です。

見える安心への取り組み
  1. 全棟構造計算

    建築構造物・土木構造物などが、固定荷重・積載荷重・積雪荷重・風荷重・地震荷重などに対して、どのように変形し、どのような応力が発生するのかを計算することで、建物の安全・安心を確認します。

  2. 「家まるごと制震装置」 全棟耐震等級2以上+制震構造

    建物の躯体自体を頑丈に作り、100年に1度の規模である震度6〜7の1.25倍の揺れにも耐える耐震構造。そして壁や柱などに制震テープを巡らせることで、大きな揺れをも吸収できる制震構造。アーバンハウスはこの2つを合わせることで地震に強い家づくりを行っています。「家族の安全」はもちろん「住宅の価値」も守る、ワンランク上の「耐震」+「制震」システムです。

    耐震等級とは、建物の強度を表す1つの指標です。品確法(住宅の品質確保の促進等に関する法律)に沿った住宅性能表示で、3つの段階に分かれています。
    耐震等級2は、等級1(震度6~7に耐えられる)で想定される1.25倍の地震が起きても耐えられるほどの強度があります。
    ※主に災害時の避難所となる学校、救護活動の拠点となる病院などの耐震性能が等級2です。

  3. 気密0.3cm2/m2以下。

    スーパーシェル2×6工法の家では、住宅構造体と開口部(サッシ・ドア)の工事が完了した段階で、気密測定を実施します。気密とは、家全体に対する隙間面積の割合のことです。数値が小さいと、隙間が小さい=家の中の快適な空気が逃げない、ということになります。さらに、設計時の熱計算により算出された、温熱性能と外皮性能、測定した気密性能を数値でご確認いただける性能報告書を作成し、お客様にお渡ししています。
    ※性能報告書は、住宅の性能値を確認していただくもので、性能を保証するものではありません。
    ※C値 … 建物の延床面積に対する隙間面積の割合(単位:cm²/m²)。この値が小さいほど気密性が高いことを意味します。次世代省エネルギー基準では、北海道(寒冷地)のC値を2.0㎠/㎡としています。

  4. 敷地調査報告書

    お客様の敷地にどんな住まいが建てられるかを、基礎情報を収集して検証するのが「敷地調査」です。建てる土地の形や広さの確認はもちろん、土壌や、最新の法規制、近隣の家の状況、ガスや水道などの施設状況などをきめ細かく把握。それによってはじめて、お客様のご希望の間取りやプランが可能かどうか判断します。

  5. 地盤調査

    ャパンホームシールド株式会社地盤調査・解析から基礎・地盤設計支援は、住宅を中心とした全国各地の建築物に実績のある「ジャパンホームシールド」。20年間保証する地盤サポートシステムで安心です。

    ジャパンホームシールド(以下JHS)の地盤調査及び地盤解析は、建築基準法施工令第38条(基礎)とそれを補完する国土交通省告示第1113号、及び建設省告示第1347号に準拠しております。

    JHSの地盤調査指針

    1)地盤調査について
    建築基準法施工令第38条において、「建築物の基礎は地盤の沈下又は変形に対して構造耐力上安全なものとしなければならない」とされています。
    法律では地盤調査は義務付けされていませんが、地盤の状況を考慮し建物の基礎設計を行うことが前提とされています。
    JHSでは地盤の状況を把握する手段として地盤調査を行っています。
    2)地盤調査方法について
    地盤調査の方法は国土交通省告示第1113号において10種類規定されています。
    JHSではその規定の中で、スウェーデン式サウンディング試験(告示では静的貫入試験に該当)を標準採用しています。
    この試験方法は、調査結果を数値化でき、設計に使用し易いメリットがある為、木造建築業界では多く採用されています。
    尚、硬い地盤等でスウェーデン式サウンディング試験が行えない場合は、別途、標準貫入試験やオートマチックラムサウンディング等による調査も可能となります。
    また、鉄骨造、鉄筋コンクリート造といった重量の重い建物については、ボーリング調査や標準貫入試験を行っています。

    さらに詳しい保証内容は、ジャパンホームシールド株式会社・公式ホームページをご覧ください。

  6. 安心の第三者機関による保証

    日本住宅保証検査機構アーバンハウスの家づくりは、「JIOわが家の保険」による保証がセット。「JIOわが家の保険」は、品確法(住宅の品質確保の促進等に関する法律)に基づき定められた、構造耐力上主要な部分および雨水の侵入を防止する部分に関する瑕疵担保責任の範囲が対象となります。 さらに詳しい保証内容は、日本住宅保証検査機構・公式ホームページをご覧ください。

  7. 10年保証

    家は完成したら終わり・・・ではありません。年数の経過とともに汚れや劣化のメンテナンスが不可欠となります。私たちは補修費用が出来るだけかからない家づくりを心がけ、お引渡し後の10年間にわたって定期点検にお伺いいたします。時期が近づいてきましたら、ダイレクトメールにてお知らせ後に定期訪問を実施します。

    10年保証10年目まで 計5回の定期点検

    OPTIONSW安心サポートパック

    株式会社LIXILのSW安心サポートパックは、国土交通省が定める「長期優良住宅先導的モデル事業」の採択(平成21年度 第2回)の実績のある、30年間無料定期点検精度・住宅履歴情報サービス・ 修繕積立制度など、長期に渡っての安心サポート体制です。 マイホームが完成し、ご入居されてからもご家族の安心の暮らしを守ります。
    ※こちらのオプションは有料となります。サポート内容・料金等の詳細はお問い合わせください。

お問い合わせはお気軽にどうぞ。

北見本店
TEL:0157-22-7787
札幌支店
TEL:011-594-8752
旭川支店
TEL:0166-37-4781